腰部脊柱管狭窄症|腰の痛み 河内長野市 大阪狭山市 整骨院 整体院 鍼灸院

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こします。

 

一般的に、腰椎椎間板ヘルニアは若い世代に多く、腰部脊柱管狭窄症は40歳以上の中高年が発症しやすいとされています。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の特長

 

 

腰部脊柱管狭窄症の特長は、立っている時や歩行時の、臀部痛や下肢痛です。

 

多くの場合、歩くことで疼痛が出現し、一定時間の休息で再び歩くことができるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」を呈します。

 

特に、朝や寒い季節に症状が出やすいという特徴がありますが、意外なことに腰部脊柱管狭窄症の腰痛はそれほど強くありません。

 

痛みの度合いがそれほど強くないからと放置していると、病気が進行し日常生活に支障をきたすというリスクがあるため、気になる痛みがある場合は、まず病院で診察を受けてください。

 

馬尾神経が障害される場合や、神経根が障害される場合、あるいは両方が混合している場合などいくつかのタイプに分けられ、進行すると下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

 

腰部脊柱管狭窄症に似た症状の疾患

 

腰部脊柱管狭窄症に似た症状の疾患として末梢動脈疾患(血栓性静脈炎、動脈硬化症)があります。

 

末梢動脈疾患(血栓性静脈炎、動脈硬化症)でも同様の症状が出ますが、末梢動脈疾患(血栓性静脈炎、動脈硬化症)の場合、立ち止まるだけで症状が改善するのに対し、脊柱管狭窄症では、前かがみになるなど姿勢を変える必要があるという違いがあります。

 

どちらにしても不調を感じた場合は病院で正確な診断をしてもらいましょう。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の原因

 

脊柱管の狭窄は、加齢性の変化で、椎間板の変性で椎間板が膨らんだり、背骨の病気による影響で骨が変形したり、筋力の低下による靱帯の緩みなどが原因になります。

 

椎間板や腰椎が変形・変性して、脊柱管が狭まると、その中を通っている馬尾神経が圧迫されてしまいます。

 

馬尾神経は、脚部の神経をコントロールしている神経なので、圧迫されると神経の働きが乱されて、足に痛みやしびれが起こったり、動きが悪くなったり、ときには肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあるのです。

 

 

腰部脊柱管狭窄症の診断

特徴的な症状があり問診や単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要となります。

 

下肢の動脈がつまって血行障害を生じた時にも似たような症状がおこりますので、原因を正確に調べることが必要となるため、まずは病院での検査を受けていただくことをおススメします。

腰部脊柱管狭窄症診断基準
1.お尻から足にかけて痛みやシビレがある2.お尻らから足の症状は立つ・歩く動作で強くなり、前かがみになったり、座っていたりすると楽になる

 

3.症状とMRI検査の結果が一致している

 

※腰痛のみで、お尻から足にかけての症状がない場合は脊柱管狭窄症ではない可能性もある

 

 

腰部脊柱管狭窄症の治療

当院の整体・鍼灸・運動療法で腰部脊柱管狭窄症による症状は多数改善しています。

 

当院では症状や体の状態に合わせて、腰部への負担を軽減するために姿勢の調整や股関節の柔軟性を獲得します。

 

また、負担のかかりにくいような体の使い方や一回5分程度の簡単なセルフケアを指導することで日常生活でも自分で腰部脊柱管狭窄症の進行を予防ができるように練習していきます。

 

腰部脊柱管狭窄症は加齢による骨や靭帯などの変性によって起こるほか、すべり症や椎間板ヘルニアなどの病気に続いて発症することもあり、

 

既に起きている加齢による変化に対応するのは難しいですが、日ごろから運動を心がけ、筋力をつけておくことや、労働、姿勢の悪さなどを改善することで背骨への負担を減らすように心掛けておくことが腰部脊柱管狭窄症による症状を改善するカギとなります。

 

※腰部脊柱管狭窄症では罹患期間が長引くほどに足腰の筋力が低下して、腰部への負担を軽減するために姿勢の調整の効果が発揮できにくくなり、痛みの治りにくい状態になりますので、異変を感じられた時はお早めにご来意にただくことをおススメいたします。

 

 

脊柱管狭窄症を根本改善しませんか?
脊柱管狭窄症でお悩みのあなたに特別な提案です。

 

 

当院には、普通の動作でさえままならないお客様が

たくさん来院されています。

もしあなたが今、

脊柱管狭窄症を本気で良くしたい!

と思われているなら

 

この機会に当院で

そのつらい腰痛を改善しませんか?

お電話でのお問い合わせは
0721-21-7289
受付10:00~19:00 定休日 水・日・祝・土曜午後
(スマホの方はタップで通話画面につながります)

メールでのお問い合わせは
ココをタップ👆
(お問い合わせフォームにつながります)

 

 

関連する症状・病気

・筋・筋膜性腰痛
・椎間板性腰痛
・椎間関節性腰痛

・仙腸関節性腰痛

・腰椎椎間板ヘルニア
・腰椎脊柱管狭窄症

・梨状筋症候群

・腰椎分離症・分離すべり症
・腰椎変性すべり症
・側弯症
・脊髄腫瘍
・転移性脊椎腫瘍